COMPANY
INFORMATION

会社情報

PHILOSOPHY

企業理念

私たちは、夢と誇りを持って全ての関わる方々の喜びや幸福を考え行動し、環境保全の推進、弛まぬ技術革新、品質保証の確立、生産管理の追及、これらを経営の柱とし企業の努力と発展を通じて社会に貢献していきます。また、社会的役割と責任を自覚し企業市民として地域社会に期待に応え、実際に行動している取り組みや考え方を開示することでステークホルダーの皆さまとともに持続可能な社会の構築に貢献する企業を目指していきたいと考えております。

OVERVIEW

会社概要

会社名

タカラ産業株式会社

本社所在地

〒416-0946
静岡県富士市五貫島1318番地
TEL:0545-61-5500(代)
FAX:0545-61-7359

代表者

代表取締役社長/影山 彰久

創業

1960年

業種

金属加工製品の開発製造販売業

事業内容/営業品目

自動車(トラック・バス)用部品の開発製造販売/スペアタイヤ保持器、アオリ戸開閉補助装置/アオリ戸回転式中間支柱など

資本金

34,093,500円

生産能力

100t/月産

工場敷地面積

5,420.92㎡(1,639.82坪)

従業員

49名
内 正規従業員36名

認定・認証など

エコアクション21 認証取得/ 富士市ユニバーサル就労協力企業 認定

年間売上高

2021年:約10.9億円
2020年:約11.1億円

取引銀行

静岡銀行 沼津支店、りそな銀行 浜松支店、清水銀行 沼津支店、富士信用金庫 駅南支店、しずおか焼津信用金庫 富士支店、三菱UFJ銀行 静岡支店

主な取引先

日野自動車株式会社、UDトラックス株式会社、三菱ふそうトラック・バス株式会社、株式会社トランテックス、日本フルハーフ株式会社、日本トレクス株式会社、株式会社パブコ、極東開発工業株式会社、新明和工業株式会社、東邦車輛株式会社、北海道車体株式会社、山田車体工業株式会社、株式会社浜名ワークス、小平産業株式会社、株式会社喜多村製作所、三菱ふそうバス製造株式会社、日本ボデーパーツ工業株式会社、信和自動車工業株式会社、日野トレーディング株式会社、株式会社エッチ・ケー・エス、株式会社ゼプロチュービング、有限会社山梨製作所

ACCESS

アクセス方法

タカラ産業 本社工場

〒416-0946 静岡県富士市五貫島1318番地
TEL 0545-61-5500(代) / FAX 0545-61-7359

車でお越しの場合

・東名富士ICから車で12分
・新東名新富士ICから車で15分

交通機関でお越しの場合

・東海道新幹線新富士駅南口からタクシーで8分
・JR東海道本線富士駅南口からタクシーで6分

SYNERGY

グループ会社のご案内

多角的な事業を展開。そのノウハウとシナジーが安定した経営基盤を支えています。

KAGEYAMA GROUP

COMPANY HISTORY

沿革

タカラ産業株式会社は2010年に「中央製機株式会社」と「タカラ産業株式会社」合併し「タカラ産業株式会社」として統合いたしました。そのため合併以前の沿革についてはそれぞれの会社での出来事を下記の通り色分けして表しております。

●←中央製機株式会社の出来事
●←タカラ産業株式会社の出来事

1960年

スペアタイヤキャリア製造の為、中央製機有限会社を創業

1963年

スペアタイヤキャリアの品質が認められ、科学技術庁長官賞を受賞
販売会社としてタカラ産業株式会社を創業

1966年

特装車部品の受注を開始

1968年

独自の遊星ギヤ方式逆転防止機構を開発(1970年特許公告、1974年特許証受理)

1973年

中央製機有限会社を株式会社に組織変更

1974年

逆転防止機構の優秀さが認められ、科学技術庁長官賞を再受賞

1976年

イギリス、オーストラリア、ブラジル、西ドイツで特許証受理

1977年

二重安全装置付スペアタイヤキャリアを商品化

1978年

スペアタイヤキャリアの性能基準が運輸省より通達。全機種が同基準適合。各シャシーメーカーの認定を受ける

1981年

メカトロニクス技術を商品化

1987年

アオリバランサーを商品化
アオリバランサー販売開始

1993年

タカラロックを商品化

1994年

タカラポストを商品化

1996年

パネルバランサーを商品化

1998年

5Sを中心にした改善活動を継続的に推進

2006年

5S改善活動の成果が認められ、静岡県溶接工業協同組合「改善事例発表会」の会場となる

2007年

スペアタイヤキャリア、アオリバランサーが富士商工会議所『富士ブランド』に認定される

2008年

改善提案活動が日本HR協会『創意とくふう7月号』で特集となる

2009年

社員の改善が認められ、文部科学大臣より創意工夫功労者賞を受賞
エコアクション21を認証

2010年

中央製機株式会社とタカラ産業株式会社を合併し『タカラ産業株式会社』に統合

2012年

「サビに強く、オリジナルカラーを楽しめる塗装サービスの展開」で経営革新計画を認証

2013年

インドネシアにPT. TAKARA SANGYO INDONESIAを設立

2020年

富士市ユニバーサル就労協力企業となる

2022年

M&Aにより影山グループに加入